KOUTA SAITOU

採用サイト|不動産のデパートひろた > 仲間を知る > 社員インタビュー 斉藤浩大

Chief clerk

売買営業課 係長

斉藤 浩大

2008年4月入社Real Estate Buying and Selling

現在どのような仕事をしていますか?

簡単に言うと、売り客・買い客のお手伝いがメインです。
不動産を売りたいお客様には物件の査定同行を行い、買いたい客様には物件の案内同行を行います。
現在は売買のスキーム(仕組み)の作成にも力を入れています。
売買のマネージメント(数字の管理)をする上で、スキームにより誰でも売上をあげられるシステムを
作ることは売上を上げることに直結します。
とはいえ一つとして同じ案件はありませんから、経験を積まないとわからない部分も多いですし、
経験の浅い社員の査定・案内同行も仕事の一つです。

仕事のやりがいを教えてください

売買の成功、これに尽きます。
単価が高くて収益性が大きいので、これができた時は達成感があります。
知識と経験がないと大きな金額は扱えないですから、それが売買の面白さですかね。
売買は会社の中でも収益性の大きい部署で責任も大きいですが、やりがいがあります。
もちろんお客様に喜ばれること、「ありがとう。」と言っていただくことが、 何よりも嬉しいですし、励みになります。

1日のスケジュールを教えてください。

朝礼後、前日夜に入った反響(お問い合わせ)の状況チェックをします。
メンバーのスケジュールを確認して、反響ごとに割り振りを決めていきます。
割り振りにより、スケジュールは変わってきます。
同行以外は、待機で事務処理や売買のスキーム作成を行っています。

自社はどのような会社ですか?

いろんな経験が出来る会社です。
他社に比べて情報量、問い合わせや査定件数が多いので、チャンスも多いです。
例えば、1カ月で1件携わる人だと1年で12件、1カ月で5件携わる人だと1年で60件、
これが4年5年とたっていくと個人のレベルに大きな差が出ますよね。
小さい会社ですと買い取りなどの経験もできませんし、収益物件でもグループ内に
管理会社もありますから、外に出すことなく全て扱えます。
まさに「UP TO YOU ~チャンスはすべてあなた次第~」な会社です。

「大きな仕事だからこその達成感が、ここにはあります」