資産活用

資産活用法

保有する不動産資産によってに最適な活用法は様々です。 保有している不動産を効率的に、かつ、安定した賃貸経営や運用を行うには、事前の周辺調査、市場調査をふまえて、その資産に最適な活用法をしっかりとプランニングすることが大切です。

土地を保有している場合

アパート建設

オーソドックスな遊休地の活用法。小規模の土地から検討可能でマンションに比較して投資額がすくなく、郊外でも検討可能です。また多くの資産をお持ちの方にとっては借り入れを行うことにより相続税節税効果も期待できます。

マンション建設

アパート建築に比較して投資額、リターン共に大きくなるのが特徴。但し、供給戸数が多くなることから、需要の見極めが肝心となります。その意味で、アパートに比較して利便性や駐車場の確保など様々な角度で計画を吟味するノウハウが必要です。

テナント建築

商業利用が可能な立地に資産をお持ちの場合に効率の良い活用が可能となります。 ただし、地主様が建築費を負担し賃貸するのか?借地人が建築費を負担し土地のみを賃貸するのか?でリスクとリターンも大きく変わります。借主様との調整が一番のポイントとなります。

駐車場

  • 月極駐車場
    商業利用が可能な立地に資産をお持ちの場合に効率の良い活用が可能となります。 ただし、地主様が建築費を負担し賃貸するのか?借地人が建築費を負担し土地のみを賃貸するのか?でリスクとリターンも大きく変わります。借主様との調整が一番のポイントとなります。
  • コインパーキング
    比較的市街地にむく利用法です。建築物を建てる場合に比較して投資額が少なく、月極駐車場に比較して収益性が高い事がポイントです。また他の活用法が見つかった場合でも転用が比較的容易な点も魅力です。

コンテナ倉庫

オーナー様の遊休地を弊社で借り上げ、倉庫として一般個人の方や企業に貸し出します。 手狭な住居やオフィスで利用頻度の低いものを保管したい、というニーズが高まっています。

借地

月極駐車場同様に投資額の少ない活用方法です。しかし、借主のニーズとのマッチングがポイントとなってきます。単純に資材置き場などとしての借地と、建築物を建てる場合とでは契約形態や賃料なども変わってきます。

マンションやアパートなどを保有している場合

入居率改善(条件提案)

すでにお持ちの賃貸物件の入居率を改善することで実際の収入を改善していく為の条件提案も資産活用の大事な手法の一つです。

リフォーム・リノベーション

古くなってきた物件を現在のニーズに合った物にする事で再度収益の上がる物件に再生します。2DKを1LDKにしたり、店舗を住居にしたり、物件の内容や立地に応じたプランを提案します。

所有資産の売却

様々な収益方法はあるけれど、現金化しておきたいと言うニーズも当然あります。 他の活用法との比較の中で、売却という選択肢にもお応えします。

土地の活用法

土地活用といっても活用法は様々。土地活用法をご紹介します。

>>資産活用法について